ロキソニンSの効果は?

ロキソニンSと片頭痛

私が最近になって愛用している片頭痛の薬「ロキソニンS」。これはテレビのCMなんかでも何度か拝見したことがあるはず。

 

まず、ポイントは値段がさほど高くないのに、効果的なところ。一箱で12錠入っていて値段が定価で680円。私はネットで購入していますが、もっと安い所では400〜500円で購入できるんです。

 

しかも、もう一つ、一錠ではなく「半錠」でも効果的なところ。カッターでカットして、半分にして服用してるんですが、十分に一日分の片頭痛の痛みを和らげてくれる。半錠にするために、価格もその分お安くなりますね。

 

ただ一つ気にしておきたいのが、このロキソニンSは効果が高いために、その分副作用も起こりやすい。私は、とくには感じていませんが、ひどい人だと「胃の痛み、眠気」などが起こりやすいとのこと。

 

そのために、利用する人はまず自分に合うのか合わないのかを判断すべきですね。

ロキソニンSは第一類医薬品

このロキソニンSはどうして効果が強く、そして副作用もあるのかというと、他にない第一類医薬品だからです。

 

第一類医薬品とは、医療用医薬品として転用されたお薬。つまり、病院などで専門的に使われたお薬をドラック
ストアなどで販売されるようになったわけです。つまり、効果が強い分に副作用が起こりやすい。

 

第一類医薬品は他にも「ガスター10やアレグラFX、アレジオン」などありますが、片頭痛などの鎮痛剤でこの第一類に部類されているのはロキソニンSぐらいです。

 

ロキソニンSの効果

そもそも、ロキソニンSの効果は「ロキソプロフェンナトリウム水和物」というながったらしい成分が含まれているから。

 

片頭痛など頭痛の痛みの原因であるプロスタグランシン部分を抑えて、痛みを素早く抑えてくれる。このプロスタクランシンは片頭痛だけでなく、生理痛や歯の痛み、肩こり、腰痛なども抑えてくれれます。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク