片頭痛とビタミンB

片頭痛とビタミンB軍の関係

ビタミンといえば、体内の血流を良くするのに必要ふ不可欠で、疲労回復にも大切なビタミンB。このビタミンBにもビタミンB1,B2,B6,B12,ナイアシンなどさまざまあり、それぞれの役割を果たしてくれる。

 

ビタミンB1

ビタミンB1だと「豚ヒレ肉、小麦、きな粉、うなぎの蒲焼、のり」などにたくさん配合されていて、この成分が炭水化物をエネルギーに変えてくれる。そのために、神経症状の発症を防いでくれる効果もあるために、頭痛などにも必要となります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2には体内に含まれている細胞をきづつける有害物質、過酸化脂質を分解するほか、神経の抑制をしてくれる役割を果たしてくれます。そのために、片頭痛の嫌な痛みをしっかりと和らげるために必要なビタミンの一種です。

 

ビタミンB2がたくさん含まれているのが「レバー、大豆、牛乳、卵黄」

 

ビタミンB6

「まぐろ、牛ごま、焼きのり、黒砂糖」などにたくさん含まれているビタミンB6。効果として動脈硬化の予防や神経機能を正常に保ってくれる。

 

あとは女性の場合、生理前後の排卵期になると血中でビタミンB6がかなりの量減ってしまうために毎日のようにビタミンB6を摂取しておくことで、生理痛を予防することができます。

 

ビタミンB12

つづいてビタミンB12ですが、たくさん含まれている食品は「牛レバー、牡蠣、しじみ」。

 

末梢神経の代謝を促進してから神経細胞を修復したりする大事な作用をしてくれる。睡眠と覚醒の睡眠リズムを24時間周期に即す働きがあるので、規則正しい生活によりストレスなどをやわらげてくれるわけです。

 

そのために、片頭痛の痛みを和らげるのにも効果的なビタミンの一つ。

 

このビタミンB軍に共通されているのが野菜などにはほとんど含まれていないところ。ほとんどが魚介類や肉などにたくさんビタミンが含まれています。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク