片頭痛と野菜「食物繊維」

食物繊維を食べると片頭痛のほかの効果も

野菜にたくさん含まれている食物繊維。よく聞く名前ですが、実際のところどんな成分なのかはわかりませんでした。でも、この食物繊維は以外にも片頭痛の痛みをやわらげる効果があるそうです。

 

もともと、食物繊維は体の構成成分やエネルギー源にはなってくれなくて、私たちの消化酵素の部分でなかなか消化ができない食品を「綺麗に消化」してくれる機能性成分という役割をしてくれるとのこと。

 

そんなことから、女性の中でも多いと思いますが「便秘」などの悩みも解消してくれて、それから「ダイエット」などにもうまく利用することができる。とくに食物繊維は女性の味方なわけでうすね◎逆に食物繊維が不足すると便秘になりやすいそうです。

 

あとは、食生活や生活習慣病の予防に役立つ栄養素であるために、できることなら毎日でも胃の中に入れておきたいもの。

 

どうしても食物繊維を毎日、適量食べておくことで、腸内の善玉がは水溶食物繊維を餌として増殖するために、腸内を常にきれいにしてくれる。そんなことで便秘に悩まされることもなくなる◎。それから、うれしくも免疫力をアップしてくれるという一石二鳥の役割を表してくれる。

 

つまりは免疫力を高めるということは、「血糖値や血圧、コレステロールを下げる」。そのために、生活習慣病を予防する他に、「血管を拡張」することなく、常に普段通りの「血行促進機能」を保つ役割を果たしてくれる。

 

そうすることで、実は片頭痛の予防にも一役買ってくれるわけなんです。

 

この食物繊維として「おくら、サツマイモ、寒天、ごぼう」などの野菜にたくさん含まれているので、できれば毎日でも食べたいものです。

 

この食物繊維達には、水に溶けない不溶性と溶ける水溶性があり、両方を摂取することが必要。
水溶性食物繊維破壊総理やこんにゃくなどにも食べない食品にふくむ優良な多いので、意識して摂取することにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク