コーヒーなどに含まれる「カフェイン」

コーヒーに含まれるカフェイン

私が毎朝欠かさず行うこと、体操をした後に顔を洗い、豆でといたカフェインたっぷりのブラックコーヒーを飲むこと。実は、このカフェインが含まれているコーヒーには頭痛の痛みを和らげる効果があります。

 

コーヒーに効果があるというよりもカフェイン成分に秘密があります。そのために、カフェインが含まれている「緑茶、紅茶」などでも同じように効果が期待できる。

 

カフェインの効果

カフェインといえば眠気を覚ましてくれる効果があるんですが、これと同じ部分で頭痛の痛みを和らげてくれます。そのカギを握るのは脳内で働いている「アデノシン」という物質。

 

このアデノシンは、人の体を動かすエネルギー「ATP」の減量となるほか、情報伝達物質として働いている。そのために神経や心筋などの細胞を興奮にしくくする。つまり、刺激を抑える効果があるために、片頭痛の痛みを緩和する効果があるわけです。

 

あと、片頭痛の痛みをやわらげる効果だけでなく、疲労感を取り除いたり、集中力を高めてくれるうれしい効果もあります。ただ、気を付けたいのが、「カフェイン中毒」で一日に大量に飲み過ぎると逆効果が発生するためにほどほどの飲む量にしておきましょう。

 

目安としては、一日1〜2杯くらいがおすすめ(コーヒー、緑茶、紅茶)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク