春や秋などの気温変化に片頭痛が反応

季節の変化

一年の間の生活で、日本特有の「春夏秋冬」がありますが、私としては「春や秋」はとても過ごしやすい気温。そのために生活スタイルも整いやすい。

 

しかし、この春や秋に変わる季節の「変わり目」の時期は片頭痛の痛みに悩みやすい。そのために、季節の変わり目の時期にどう対処できるかがポイント。

 

どうしても、春先は「気温の変化、天候の変わり目」などで片頭痛に悩ましげなってしまう。気温と体温がうまく適応されないために、脳内のセロトニンの分泌が不安定になり、「目の回りや側頭部に激痛」がはしってしまう・・・。

 

しかも、それだけでなくポカポカ陽気で血管が広がりやすくなり、花粉症の影響も響いて片頭痛をさらにひどくしてしまうのです。

 

気温に合わせる

そこで、片頭痛の対策として普段の生活スタイルをどれだけ崩さないようにするかがポイントになってくると思います。頭の痛みや予防・改善にはとりわけ重要になってくる部分でもある。

 

冬から春に切り替わるときも、この温度変化をうまく掴み取ることが大事で、いつまでも冬の服装をしていると気温になれずに痛みをひどくしてしまう。

 

天気予報などで、気温を毎日チェックしつつ、しだいに肌の露出度を多くしてから太陽を適度に浴びる生活をする。そうすることで、セロトニンの分泌に太陽の光が必要となり気温と体温の差も少なくなるはずです。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク