野菜や大豆、魚介類を食べること

安心して毎日食べられる和食

片頭痛の人には「和食」がおすすめですね。
「野菜、大豆製品、魚介類」など、和食によく使われる食材には、血管拡張作用のあるものが少ないからなんです。

 

それから、片頭痛の予防効果が期待できるビタミンB2やマグネシウム、血管を健やかに保つ食物繊維を無理なくとれるのでおすすめです。

マグネシウム

大豆、ごま、ひじき、牡蠣

 

ビタミンB2

レバー、牛乳、うなぎ、卵

 

ドレッシングの使い方

和食を食べるとき特にこだわりたいのが「野菜」。
この野菜に含まれる食物繊維には、消化がゆっくりで体内では吸収されないのが特徴。これも片頭痛の痛みを和らげてくれるのです。

食物繊維

おくら、さつまいも、ごぼう

 

そこで、他の食品と一緒に食べると、食べ物全体の消化、吸収もゆっくりになり、血管の上昇を防いでくれる。でも、ドレッシングには糖質や脂質が多く含まれ血糖値が上がる場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク