密接な関係のある片頭痛と生理痛

生理痛の痛み

私として、片頭痛の痛みを感じ始めたのは生理痛がひどくなったときから。最初の方は、軽い片頭痛の痛みで、右側の目の奥から頭にかけての痛み。しかし歳を重ねることで生理痛の痛みと同時に片頭痛の痛みもひどく、月に廻ってくる回数も多くなっていた。

 

やはり、「片頭痛と生理痛」は切っても切れない関係性がある模様。

 

片頭痛と生理痛

生理がくるときは女性ホルモンの卵胞ホルモンが変動しているとき。そして同時に片頭痛がやってくる。そのために、密接的な関係があります。

 

妊娠が可能な成熟期の女性の場合、生理前後や排卵期はエストロゲンの分泌が急激に変化します。この大胆な変変動を、脳の神経が敏感に反応してしまうために片頭痛の痛みを感じやすくなる。

 

あと、私はまだ妊娠の経験はありませんが、妊娠中になると片頭痛の痛みはなくなるんだって。つまり、女性ホルモンの変動はかなり関係性があるということになります。

 

成熟期の女性なら誰でも、生理の周期に伴って起こる可能性がある片頭痛。煩わしい痛みでありますが、自分の体のリズムをつかんでいれば予想をつきやすい痛みなので、その分ある程度の対応がとれ、痛みを和らげることができるはずです。

 

できるだけ痛みを強くしないためにも、無理に抵抗せずに医薬品に頼ることも一つの手です。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク