片頭痛の前兆に

眠気を覚ますあくび

「昼間に満腹に食事をしたり、前日寝不足になったり、仕事のひまな時」、ついつい「はぁ〜」っと、あくびがでることがありますよね?

 

この”あくび”って、実は体や手足の筋肉にたいする緊張がやわらいで、刺激が脳に伝わり「目覚めを覚まさせる」効果があるんだそうです。
眠いからあくびが出るわけではなく、この「眠気を覚ます」たまの効果動作になるとのこと。

 

しかし、もう一つのあくびで感じるのが片頭痛の前兆。

 

あくびの連発

一回や二回のあくびだったら眠気を覚ますために効果的かもしれませんが、このあくびを連発するように何回もするときは片頭痛の前兆かもしれません。これは危険信号です。

 

どうしても、血管の拡張がもたらす片頭痛発作の前兆として、いったん血管の収縮が起こり、血流が悪くなる。その結果、酸素不足が生じて、あくびが出てしまうそうです。

 

このあくびを防ぐときはコーヒーや緑茶、紅茶などカフェインが含まれている飲み物がおすすめ。血管拡張の作用を抑えてくれるので、あくびが連発で出ているときは、カフェインで片頭痛が来ないように防ぐことが大事です。

 

意識低下から目覚めさせるという仕組みです。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク