アルコールは頭痛によくないの?

アルコールを飲むのは危険?

この「片頭痛とアルコール」の関係ですが、一日に飲む量によって変わってきますね。あと、その飲むときに片頭痛が起こっているかどうなのか?これもポイントです。

 

私の場合ですが、お酒に含まれるアルコールは血管が広がり血行が良くするために健康的に効果的◎そのために、少量の飲酒だったら頭痛の痛みを和らげてくれる。これは、片頭痛のトキでも少量だと大丈夫◎

 

適量のアルコール
ビール

500ml(中ビン1本)
・赤血球の膜を死中にしてくれるビール。

 

焼酎25度

180ml(お湯割り2杯)
・糖質がそれほどなくのがポイント

 

日本酒

180ml(1合)
・血小板を抑える効果があります。

 

でも、片頭痛がヒドイ痛みの時で、そんなときにアルコールをたくさん摂取してしまうと、どうしても痛みが増幅してしまいます。そこらへんはうまく自分で自分をコントロールすることが大事。

 

片頭痛や緊張型頭痛とは異なるある特定の時期だけ激烈な痛みに襲われる群発頭痛と呼ばれるタイプでは、発作の期間中にアルコールを飲むとほぼ100%の確率で痛みを感じ、その痛みもどんどんひどくなるといわれます。

 

飲む前にから痛みをひどく感じているときは、できるだけアルコールの摂取量を減らすこと、そうすれば次の日もちゃんと飲むことができるはず。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク