他の症状

光やにおいに敏感

片頭痛で嫌なのが、イスに座っていても、ベットで寝ていても「頭が痛くなること」。そのために、ごまかすことができないのが一番やっかいなところです。

 

私では、片頭痛が起こっているとき”動いたりすること”コレが一番苦痛で仕方ありませんが、しかし他にもさまざまありますよね?

 

たとえば、「光や音、におい」などにたいして普段よりも敏感。まぶしい場所、カーテンなどを開けて、急に太陽の光を浴びた時に普段以上にあかりを敏感に感じて頭が痛くなり、さらに頭痛が悪化することもあります。

 

これは片頭痛の発作中にアロディニアと呼ばれる異痛症とよばれる皮膚の感覚花瓶が生じてしまいます。そのために、特に冬など洗顔した後にお肌が乾燥しただけで違和感を感じて頭痛の痛みを最上化させる。

 

他にも、腕時計やコシベルト、またはブラジャーなどの下着もつけるのが不快感になり、痛みと同時にイライラストレスが溜まってしまいます。

 

これが続くことで、吐き気や嘔吐をしたりすることもある。この時が一番つらくて、結局は仕事を休み、一日中ブルーな気分でベットに寝込んでしまう・・・

予兆を見極めること

そのために、頭痛が起こっても「ひどくさせないことが大事」。

 

頭痛発作の数時間前から1〜2日前に、首や肩の凝り、生あくび、空腹感などの症状がみられる人もいるはず。痛みの直前に、目の前がちかちかしたり、ギザギザしたものが見える前兆が伴う。

 

これは、片頭痛が起こる前触れです。それを見極めて、早めに鎮痛剤や医薬品を服用し「痛みが来る前に型ずけ手置く」ことが先決だと思います。

 

そうすることで、無駄に過剰に薬を服用せずに悩みを改善できるはず。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク